UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > その他 > 保険:生命保険
保険:生命保険

通常、保険業務のプロセスは複雑で、多くの人的資源と時間を費やすほか、顧客の満足度も低いです。デジタル技術の急速な発展に伴い、保険業界の業務の43%はRPAによって自動化できるようになりました。

RPAの導入により、日本生命保険会社は事業の85%を自動化し、ピーク時の人員不足を緩和しただけでなく、プロセスの効率と顧客満足度も大幅に改善されました。


プロジェクトの背景

A保険会社は1889年に設立され、130年の歴史があります。この会社は日本最大の生命保険会社かつ最大の年金管理機関であり、世界的に認められているスーパー金融機関でもあります。

会社には70,000人以上の従業員がおり、そのうち約10,000人が事務処理の仕事に従事しています。従業員たちは複数のシステム間で切り替えて従業する必要があり、これには多くの時間と労力を費やしています。

2011年、会社は保険窓口販売のバックグラウンド管理システムでRPAのテストを開始し、2014年に正式に導入しました。2017年、会社はRPAを企業保険のバックオフィスに適用しました。現在、会社は徐々にRPAロボットを日本各地の子会社に派遣しています。


対象業務

窓口販売、企業保険、個人保険のバックオフィス(Back Office)業務から、総務部、資産運用部などの49項の業務まで


応用プロセス

1.保険契約業務では、申請情報を記述する文書データを会社内部のシステムに登録します。

2.保険金賠償請求業務では、申請者の申請ファイルのバーコードを読み取り、会社内部のシステムに契約情報を登録します。

3.公的システムでの調査結果により、特定対象の個人保険加入状況を確認します。


RPA導入前(問題点)

1.毎月の業務が急増し、不定期の残業になり、締め切りギリギリまでにタスクを完了できないため、従業員が集中できずミスを起こすリスクがあります。

2.四半期ごとの決済、特定製品の有効期限切れなどにより、事業量は一年中で大きく変わります。

3.臨時従業員を雇って、経験の浅い臨時従業員を短期間で高レベルに訓練させなければならず、会社に負担がかかります。


RPA導入後(効果)

1. 49項の業務で、100台以上のRPAロボットが導入され、毎年約50,000時間の作業時間が節約され、作業効率と顧客満足度が大幅に向上されました。

2.ピーク時の営業による人手不足を緩和し、従業員の作業負荷を軽減し、手作業のミスを回避し、臨時従業員を訓練するストレスを軽減します。

3.ロボットは、7×24時間中断することなく動作でき、夜間でも当日の業務受け入れ数を自動的にカウントできます。

4.従業員はRPAの導入で仕事を失うことなく、その代わりに、時間が節約され、より人に優しい仕事に集中できるようになりました。

RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始