UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > その他 > 水道サービス会社
水道サービス会社

公共事業サービスは、大量な人的、財的なコストが多いです。近年、人件費の増加に伴い、RPAの導入は、公共事業会社が作業時間を削減し、コストを節約するための絶好の選択肢となっています。

今、世界中でRPAを導入し、積極的にみる公共事業会社がどんどん多くなってきました。あるイギリスの上場水道会社は、RPAを導入した後、作業効率が大幅に改善されました。


プロジェクトの背景

あるイギリスの上場水道会社は、イングランド北西部の約700万人に家庭用水および廃水処理サービスを提供しています。

会社は2017年11月にRPAを導入し、翌年の1月に初プロセスの自動化を実現できました。会社のITチームはRPAとその応用分野に注目しており、現在20のプロセスがRPAによって自動化され、ほかの12のプロセスが開発中です。

会社のプロジェクト担当者は「RPAの目的は従業員の削減ではなく、頭脳や業務知識を必要としないワークフローを自動化することです。」と述べています。


応用プロセス

1.申請システムに入り、担当者を確認し、予約メッセージを顧客に送信

RPA導入前:8人の従業員が手動で行うのに6.4時間かかりました。

RPA導入後:1台のロボットが30分以内に完了しました。

実施効果:会社はこのプロセスで毎年約2,000時間が節約され、送信日や送信者などのログの確認もできます。手作業の量は減りましたが、会社は従業員を削減していません。以前、メッセージの送信を担当していた従業員は、顧客とコミュニケーションをとる時間が増えました。


2.顧客のニーズに応じる水の消費量の測定

RPA導入前:水道メーターに従って課金しなかったお客様は、無料の水道メーターを申し込むことができます。従業員は、メーターの設置が適切かどうかを、顧客の住宅面積と人口に基づいて計算します。ただし、顧客の需要の急増に伴い、会社の人員配置を需要に合わせることは困難です。

RPA導入後:ロボットは顧客の申請を受け入れ、アプリケーショに基づいて計算します。

実施効果:顧客サービスの効率が向上し、顧客の需要が増えるときにロボットを追加でき、人手不足による業務への影響はありません。


3.障害の検出と解決

RPA導入前:問題を早期に検出するのは、水道会社が水漏れを修復するために極めて重要なことです。しかし、手動検査では、いくつかの問題が無視されることが多いです。長時間たっても問題が発見されない場合もあります。

RPA導入後:10台のロボットは、7×24時間中断なく作業し、問題が発生すると、すぐにフィードバックが提供されます。管理者は、問題がどこにあるかを明確に把握できます。

実施効果:検出の頻度と精度が向上し、問題が早期に検出され、水漏れを防止できます。


業務データの報告

RPA導入前:従業員8人、1日4回、720分を費やし、業務データを手動でカウントします。

RPA導入後:RPAロボットは、わずか32分で業務データ報告を自動的に生成できます。

実施効果:業務データ報告の生成効率と頻度が大幅に向上されました。2018年の夏に、従業員がいない状態で報告回数は1日4回から1日9回に増加しました。

RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始