UiBot:みんなのためのロボット!

ユーザの位置: 事例 > 教育と医療 > 医療:医療グループはどのように所要時間を短縮しますか?
医療:医療グループはどのように所要時間を短縮しますか?

Aグループはインド最大の医療グループの1つであり、ニューデリー、パンジャブ、ノースアンカーに十四か所の病院を運営し、2,300人を超える医療専門家で構成される専門家チームを擁しています。

医療関係者は、患者の詳細の記録から請求処理、政府医療計画のデータ調整まで、毎日大量の患者データを処理しています。人工手動処理は効率が低いだけでなく、ミスを起こしやすいため、グループに大きな問題をもたらしました。

患者への医療サービスをよりよく提供するため、Aグループは、請求処理とクライアント操作という2つの主要分野で小規模のRPA試運転を始めることを決定しました。


応用業務

1.クレーム処理

2.中央政府医療計画(CGHS)のデータ調整

3.退役軍人医療保険基金(ECHS)のデータ調整


RPA導入前

1.手動でデータを入力し、チェックすることは、時間と労力が必要だけでなく、ミス率も高くなります。

2.このプロセスは複雑かつ煩雑で、周期も長く、情報の検索と取得、追跡、ドキュメントのセキュリティの問題にも直面しています。

3.簡素化する必要のある非構造化データと情報が大量に存在しているが、不明瞭なフィールド、フォーマットの問題、データの欠落により、データの正確性を保証することは困難です。

4.データは頻繁に更新され、データ量が多く、従業員は予定通りに作業を完了できず、管理が困難です。


RPA導入後

1.RPAはCGHSおよびECHSプログラム用の新しいデータ入力スキームを作成し、十七か所の異なる病院と第三者管理者(TPA)のURLを介してECHSポータルにログインすることができます。

2.RPAにより多くのビジネスプロセスが簡素化され、ビジネスの効率が向上するだけでなく、所要時間も短縮されます。

3.CGHSプログラムに基づいて12の提携病院のURLにアクセスした後、RPAは自動的に患者の記録を読み取り、入力ステータスを確認します。

4.データの検証に成功すると、RPAは関連部門に電子メールで通知します。


実施効果

1.業務および管理効率の改善により、所要時間(TAT)が大幅に短縮されました。その中で、請求処理の所要時間は少なくとも元の半分に短縮され、CGHSおよびECHSの所要時間は65%〜75%短縮されました。

2.RPAの投資回収率は高く、グループはRPAを通じて業務ミスを減らし、未完成の支払い資金を回収できるため、年間1,000万ルピーの節約ができます。

3.RPAはプロセスを簡素化するだけでなく、病院内の他の業務プロセスを改善する方法も提供しています。

4.RPAは、データ情報の安全性とコンプライアンスを改善できます。

5.RPAは従業員の作業負荷を軽減し、従業員がより価値のある仕事に集中し、従業員の満足度が向上されました。

6.RPAは病院の活動を監督し、従業員が結果に対する把握力と業務に対する計画管理能力を向上させました。

RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始