UiBot:みんなのためのロボット。

ユーザの位置: 関連記事 > 分析者報告 > 2020年のRPAとAIに関する7つの予測
2020年のRPAとAIに関する7つの予測

FORWARD IIIでは、2020年のロボットプロセスオートメーション(RPA)、人工知能(AI)、およびオートメーション産業の発展について7つの予測を立てた。グローバル経済の影響や対応と、RPA産業の発展に伴い、来年はさまざまな大変化が起こり得る。

 

全体として、RPAの成熟のペースは加速しつづある。経済の変化、新世代の労働者の成長や技術の促進によって、その発展が推し進められる。企業は自動化と標準化を拡張することを通じ、それに対応する。企業は競争力を保つために、小規模のRPAベンダーを買収して統合する措置をとるなどの予測ができる。

 

様々な変更により、RPA業界は新たな段階に進み、「自動化第一」の考え方が優先的な戦略措置になるだろう。

 

2019年のRPAに対する予測を回顧する

2018年にRPAについて6つの予測を立てた。2019年に至り、そのうちの五つも達成した(6番目の予測も部分的に正しいだが)。

 

1.参加するRPAの実装は、過去の参加しないRPA実装を加速する。これは5月に起こりました。現在、無人ロボットが最大の収益を占めていますが、市場においてUiPathの参加するロボットは無人ロボットよりも多いです。

2.全世界の公共部門のRPAが急増している。特に米国政府はRPA2倍にしている。現在UiPathと連携している公共部門は55を超えている。

UiPathは、米国の各レベルの政府機関の中で広く採用されている。201812月末まで、顧客が24つであった。しかし、今はさらに、31の連邦政府機関、2つの州政府(カリフォルニアとオハイオ)、1つの郡、1つの革新的な都市の顧客まで拡大している。 郡、州、連邦の顧客は、2019年にあたって9つのイノベーション賞を受賞した。

「自動化第一」の考え方を持つ政府は、市民により良いサービスを提供する道を開いています -Jim Walker、公共セクターマーケティングディレクター、UiPath

3.RPAのビジネスケースは、リストラの方針から、ビジネスの効率性へ重点を置くようになった。今RPAの実装は、従業員の削減のためではなく、会社経営の時間を節約することに役立つ。それによって、従業員にもっと幸せで働きやすい環境を提供することができる。

4.人工知能は徐々に主流になる。RPAは、拡大しているAIストリームの一部であり、それと背くものではない。企業はオープンソースツールを使用して構造化データと非構造化データを管理する方法を学習している。

5.アナリストはその成長を過小評価しつづける。

アナリストはRPAの成長についてさまざまな予測を立ててたが、この産業は昨年の最も大胆な予測よりもかなり先に行っている。

6.アウトソーシングは停止する。この産業は消えていませんが、劇的に変化している。アウトソーシングは、ビジネスプロセスの自動化に対する新しいアプローチを統合し、RPAを主要な配信モードとして使用するマネージドサービスを構築している。

 

FORWARD IIIで、グローバルからテクノロジーまで7つの予測を立てた。

 

1.グローバル的な経済不況は自動化の採用を促進する

 

金融市場からのシグナル(以前に予測であったことが証明された)は、楽観的な結果ではない。 長期金利の低下と企業投資の撤回は、グローバルにおける緊張的な局面、紛争、貿易戦争による不安定性を加速していることを反映している。 もし消費者の恐怖が続くのであれば、需要が崩壊し、さらなる不況に直面する可能性がある

通常、企業は従業員を解雇して生き延びるが、自動化は新しい方法を提供している。

 

企業が景気低迷の現実に直面している状況にあたり、従業員をレイオフするのではなく、ビジネスモデルの自動化を実現すると予測する。従業員を保留することができれば、その投資が報われることができると企業は認識している。自動化を利用するのであれば、従業員数を削減するのではなく、その代わりにロボットの規模を拡大する。

 

「自動化第一」を考えている企業にとって、景気低迷は、ビジネス、株主、従業員を変え、利益を得る機会でもある。経済が回復すると、多くの企業と従業員は、それによってさらによくなる可能性がある。

 

2.RPAは自動化業界のYouTubeになる

 

RPAは、2020年に他のエンタープライズ自動化ツールにおける中央の地位に位置することを声明する。

 

ネットワーキングおよび通信会社であるEricssonは、すべての従業員にロボットを設置して市民開発者をサポートする機能を構築することをすでに計画している。「RPAは自動化業界のYouTubeになります」とEricssonの自動化責任者であるDavid Hunterはいった。

 

つまり、YouTubeがビデオコンテンツのデーターベースであるのと同じように、RPAは自動化のデータベースになる。 RPAの開発は自動化コードの中心開発と並行して行われ、より高性能で再利用可能で、前よりさらに普及することができる。この集中化と機能の普及により、企業は業界や地域を越えてコードの再利用ができる。

 

RPAがさらに簡単にアクセスでき、延長しすることにつれて、さらなる長期的なトレンドの始まりになる。UiPathにおいて、われわれはずっとUiPathのコミュニティーを無料に提供し、UiPath 学院を介して知識をより簡単に利用できるようにした。 Softomotiveによって開発されたRobiのようなRPAの新たなオープンソースツールは、ロボットをより多くの人々の手に渡す方法を導いた。

 

3.より多くの企業がロボットを組み合わせて再利用する

 

企業は、ロボットを雪片のように扱う。それが、UiPathのアメリカ大陸の副社長兼チーフエバンジェリストであるChet Chambersが発見したことです。 この観点から見ると、それぞれの自動化プロセスは、固有の問題に対する固有のソリューションです。

 

2020年、企業はこれらのロボットをより標準化し、それらをユースケースや部門、最終的には企業や産業に適用する方法を学習する。ロボットを組み合わせて標準化させ、再利用できる要素にすれば、雪片はいわゆる雪玉になる。

 

雪片は雪玉にとって必要不可欠である。雪玉によって雪片は強くなる。ロボットは雪のシステムに似ていて、そしてすべての産業と地域において予測することができる。これらの雪片を雪玉に変えるプロセスは、ますます目にあたる。その結果、予測できる発展とより簡単なスケーリングをもたらす。

 

4.労働力として加入する学生たちは、自動化を強制的に展開させる。

 

Symphony Venturesの共同設立者兼最高戦略責任者であるIan Barkinによれば、企業の成長につれてその複雑性が継承されていきますという。彼はそれらの企業を考古学と比較し、時間とともに成長するプロセスとシステムのレイヤーを掘り下げた。

 

ほとんどのビジネスの歴史において、従業員は繰り返しの手作り作業を通じて時代遅れのテクノロジーシステムと接続することを無理やりにやらせてきた。2020年、新時代の労働者である学生はより良いものを選択し、遅れている企業は今までのプロセスを更新させられる。

 

企業とそのプロセスに慣れていない学生は、「物事の元の様子」を把握していない。彼らは、なぜ私たちが長年にわたって同じことを同じ方法でやってきたのかと尋ねる。しかし、多くの企業はそれに対する適切な答えがない。

 

UiPath 学術連盟によると、学生が学校で自動化を学習する傾向があることを考え、学生は自分の仕事を自動化することに取りかかるという。新しい従業員がより効率的かつ効果的になるとともに、RPAのメリットはなんの迷いよりも価値があることをよく明白である。それを企業の変更を推し進める。

 

5.機械の智能性に驚かされ続ける

 

かつて人間しかできないと考えたタスクは、すぐにソフトウェアがやってくれるようになった。ムーアの法則と同様で、AIは指数関数的な成長を保ち、人間を大いに驚かせる。

 

AIとコンピューティングから見られてきたのイノベーションは、すべて量子コンピューティングのイノベーションの上で起こっている。量子コンピューティングのキュービット数を定期的に増やしていて、そしてこの機能における潜在的な用例は多く存在している。不変だと認識してきたものは不変のままでいられない。

 

AIについての最も基本的な仮定でさえ、ますます問いただされるようになってきた。マサチューセッツ工科大学の准教授であるJulie Shahは、線形時相論理の理論を通じてAIの無限な可能性にをもたらそうとしている。

 

私たちは人工知能から人工直感へと転換していく。その結果、機械の生のインテリジェンスと、目の前のことに基づいた次の最もよい政策を識別する能力と対応性の間に違いが生じる。

 

6.RPAは世界の舞台で話題になる

 

社会の範囲内で自動化が行われていると確信できる。

 

2020年に、国連や世界経済フォーラムなどの政府外企業は、雇用、賃金、世界経済の文脈でRPAにおいて議論を行う。オートメーションは、各国の国内外の経済に大きな影響を及ぼす勢いである。

 

各国は、自動化がどのように社会に影響を与えるかについてますます関心を持つようになった。私の最初の予測が正しいであれば、RPAが社会政治の環境と政策議論における優先順位はさらに上がる。そして、将来の景気低迷においてロボットは肝心なプレーヤーである。

 

7. RPAベンダーと自動化主導のサービス会社との統合は加速する

より多くの成熟した企業がRPA市場に参入するとともに、彼らは今後のRPAベンダーを買収し、合併する予定である。

 

Gartner Magic Quadrantによって特定されたRPAソフトウェアのリーダーであるForrester Wave、およびEverest PEAK Matrixは、評価がとても高いため、買収されない可能性があると発表する。 RPA市場へ参入する企業は、リーダー企業と競争するために、代わりに小規模企業を買収して合併する。

 

グローバルサービス集合商社および他の技術公社は、すでに自動化主導のサービス会社を買収している。例えば:

埃森哲(Accenture)は2017年にGenfourを買収した。

塞科斯(Sykes)は2019年にSymphonyを買収した.

埃维诺(Blue Prism)は2019年にThoughtonomyを買収した.

 

2020年まで、これらの挑戦者は、サービスおよび技術サービスの分野における合併をつつける。

 

2020年やその先のために、準備してください。

 

RPAAIの開発に追いつくのはやや困難だが、これらの動きを深く理解することは大切である。

 

RPAの効果の規模とその能力の複雑性によって、その進歩が指数関数的に上がる。「自動化第一」の考え方を中心とするデジタル変換戦略の開発は、将来の生存のためにますます必要な条件になってきた。

 

2020年のいくつかの変化を予測できるが、それと対応するのはイノベーションのみである。

 

FORWARD INですべてのスピーカーとイベントを見るチャンスはないですか?FORWARD IIIパッケージを購読し、プレゼンテーションを受信トレイに直接送信する。


RPAの世界を探索する準備はできましたか?
自動化開始